ママゼロできるかな

ママ感ゼロを目指すママブログ。ママ友付き合いやSNSでの馴れ合い活動に疲れた時に趣味で書いているネタブログです。

SNSでマウントを取る人の3つの特徴と正しい対処法【文末におしらせあり】

マウンティングをしている人は、なんのためにマウンティングしているのでしょうか?

マウントを取るとはいったいどういうことなのでしょうか?そして、取られないためにはどうしたら良いのでしょうか?

マウントを取る

わかりやすくないマウントの図

今回はそのような、to theマウンティングby theマウンティングfor the マウンティングピーポーのための対策解説をしていきたいと思います。

マウンティングをとる人の特徴とその対処法 

「マウントを取る」とは何か

「マウントポジションを取る」という意味です。「マウンティング」するという言い方よりも、積極的に「優位なポジションを取りにいく」意味を含んでるのがこの言葉だと思ってください。「マウントポジション」自体は本来格闘用語でしたが、昨今「マウンティング」という用語と同じ文脈で、同様の意味として誤用されることが多くなってきているように感じます。「マウンティング」の語源とは元々は異なるようです。詳しくはこちらをお読みください。

www.mamazero.com こちらは本来は猿的な意味です

 

「マウンティング」とか「マウントを取る」とかしゃらくせええぇw、とおっしゃる江戸っ子は、ひとまず

上から馬乗りになるポジションのことを「マウントをとる」と呼ぶ

とぐらいに理解していただければ、それで今回の記事は概ね伝わると思います。

特に今回は言葉の世界でマウントを取られたらいったいどのように返していったら良いかに注視し、SNSでよくありがちなマウント合戦実例を見ながら解説していくことにします。

その前に解説者紹介

私自身、格闘技などにあまり詳しくないキャラ設定なこともあり、今回は専門解説員の方にご協力を仰ぐことにしました。解説の牛の人です。牛解説員ひとことお願いします。

(筋トレ睡眠たんぱく質120gの牛と覚えましょう。似たようなフレーズを聞いたことがあるかもしれませんが無関係です。)

前置きが長くなり大変申し訳ありませんでした。それでははじめます。  

冷笑マウンティングのかわし型 

ときに人は、ただ一所懸命に生きているだけなのに、「必死すぎて草」とか「大変ですねw」「ひまかww」など「こんな価値のないことに時間を費やしてかわいそう」みたいな憐れみをかけられて蔑まれることがままあります。

 

例えばこんなマウンティング

「えーそんなに毎日しっかりおやつも手作りしてるんですか。頑張ってますね〜w私は仕事忙しいから土日くらいしかそんな暇ありません。」

「インスタ映えいいねほしさに必死すぎw」

「頑張って結婚なんかしてもめんどうしかないのにかわいそ」

おそらく、そうやって「冷笑マウンティング」を浴びせることにより、ささやかな「まだ俺は本気出してないだけ」感に浸ることができるのでしょう。

そんな時はどのようにかわしたらよいでしょうか。

 

f:id:kurataikutu:20181217025301j:plain

冷笑マウントを取られた状態

 

まず相手からの攻撃をまともに食らわないように顔をのけぞらせて、見ざる言わざる聞かざるスルーを決め込みましょうか。それから、自分の心の中のもっとも過敏なところのセンサーをオフにしてガードしておくことを忘れずに。牛の解説員、詳しい解説をお願いします。

f:id:kurataikutu:20181217032336j:plain

いかりや長介氏の「次いってみよー」な感じで
 参考note.mu

達観マウンティング返し

「冷笑」からの次の展開ですが、どのような反撃が可能ですか?  牛の解説員さん。

f:id:kurataikutu:20181217041452j:plain

「おまえもな」三角絞め

   

「冷笑」からつながることが予想される技がこのような「達観」マウンティングです。

例えばこんなマウンティング

「ひまかよw」→「承認欲求おばけ」

「必死すぎw」→「虚栄心強くてキモいわ」

「大変ですねw」→「そもそも根本のやり方からして性格悪い」

言説ではなく対象そのものの人間性を否定して見下してくる「冷笑」からの「達観」コンボ技です。

確実に傷つくようセンシティブな言葉選びをしてくるところには「自分が優越感に浸る」ための細やかな采配が感じられます。

こちら側も相手の全てを見透かしたように達観し、メタで捉えて包括的かつ平和的にマウンティング返しをするのが良いでしょう。

ちなみに「おまえもな」はインターネットではかなり伝統的な技ですね。 

参考

 

正論マウンティングへの対策

最後に、後ろ向きな気持ちになっている際の、背後からのマウンティング対策です。

落ち込んでいる時や、大切な話をしている時に限って、「ちがう、そうじゃない」感満載の正義や正論を振りかざしてくる人ってときどきいますよね。 

f:id:kurataikutu:20181217042641j:plain

わかりきったことを言うやつ

 

例えばこんなマウンティング

「そんな事ぐらいで追い詰められるなら子ども産まなきゃいいのに」

「マウンティングが格闘用語なのは誤用で正確には猿の行動性が由来です」

「気持ちはわかりますが、そもそも公道でストライダーを使わせるのが危険!」

およそ検討はずれのアドバイスなのに、なぜか本人は「良い事してやったり」とご満悦。その正体のほとんどは、「自分の方がよく知っている」「わかっている」「自分のが常識的」などの「私は正しい」を思い知らせるためのマウンティングだからに他なりません。 

 

ここでもこれまでの対策が有効なのでしょうか?学んだ事を振り返ってみましょう。

なるほど。確かにそうですね。うつ伏せだと相手を包括的に達観する事ができませんからね。自分もうつむきになっている事ですし、いったんガードポジションに入る事が肝要なんですね。

f:id:kurataikutu:20181217044111j:plain

からの

 

それから冷静に相手からの無理強いな攻撃を待って、「あなたは正しい」と認める事で相手の腕を逆に固める。そこから引き込んで寝技に持ち込み一気に押さえ込む作戦ですね。なるほど。

f:id:kurataikutu:20181217054349j:plain

「正しいゆえにあなたは残酷」けさがため
参考

cake-peropero.hatenablog.com 

 

おわります

マウントを取りたがる人はどこにでもいます。そしてその半分以上が無意識に人を傷つけています。あなただってそう、私だってそうです。

誰だって、自慢したいし、優越感に浸りたいし、すごいって思われたいじゃないですか。

でもそのやり方がものすっごヘタクソだから、Twitterで無用にわめいたりブコメで達観コメしたりしてしまうんですよね。(私もそうですよ)

それに対して不寛容になってしまっては、同じ穴のムジナというもの。悲しいかな、こちら側は冷静になって揺るぎない拒否感情を突きつけるしかありません。

傷つきそうなら、無理せず一度ブリッジで逃げるか亀でガードポジションに入る。それから、自分の考えと現状を正確に伝えて「承認欲求No thank you」を相手にわからせましょう。対策はその2点のみ。

そして本当に余裕がない時には「残酷な天使のテーゼ」、それだけで誰しも、マウンティング合戦からは自由になれるものなのです。ほとばしる熱いパトスで窓辺からやがて飛び立ちましょう!

 

さて次回は「自分が迂闊にもマウンティングポジションに入ってしまった時の回避方法」について解説してみたいと思います。 

 ↓書きました

www.mamazero.com

 

 

関連記事

ご報告と大事なおしらせ

このシリーズの源流となった↑「めんどくさいママ友ランチの正しい断り型」という記事を元ネタにした本がこの度、電子書籍専用レーベルのimpress QuickBooksより発売されることになりました。

来週のクリスマスあたりから各社電子書籍販売サイトより配信開始予定です。

★配信が遅れました。すみません

 

リンクはまだありません

詳細はこちらから。

 

よろしくお願いいたします。

何卒よろしくお願いいたします。

おわります。