読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママゼロできるかな

ママ友との馴れ合い活動に疲れた時に、全国で56人くらいの読者に向けて書いています。「ママ」で括られたもろもろ(ママ友とかママブログとかママ会とか)をゼロに帰するための悪あがきブログ。

小学校の運動会が夏フェス化しているようです〜知人にどこまで挨拶する?問題

ぼっち系ママにとって辛すぎる学校行事の数々、そのワーストワンに輝く憂鬱極まりないイベントが運動会です。

我が家の娘の運動会ですが、マンモス校につき、まるで狭い会場の夏フェスさながらのアクティブさを要するイベントなので毎年辟易しています。そんな夏フェスに今年も参戦してまいりました。

運動会夏フェス挨拶

 

 

まずは夏フェス(小学校運動会)の紹介から

運動会が夏フェスというのがピンとこられない方もおられると思いますので、まずは軽く紹介。どの辺が夏フェスなのか、特徴を網羅しておきます。

シートでの場所取りは朝4時入り、昼食も場所取りに行列

シートをグラウンドに敷ける人はほんの一握りなので、その場所の確保のためには朝4時から並ばないと取れません。まるでグラスステージのテントエリア最前列取りたかったら5時入り、みたいな夏フェスっぷり。さらに、昼食のための場所取りにも並ぶので作戦が必要。これは昼食エリアでの行列を勘案して目的のアーティストのためにスケジュール組む、みたいな夏フェスっぽさ。

これが夏フェスの全容↓(運動会のことね) 小学校の運動会は混雑

基本立ち見で入れ替え制、前のプログラムから後列に待機

ここが最も夏フェスっぽい所なのですが、観戦は基本、立ち見の入れ替え制です。なので立ち見エリア後列にあらかじめ前のプログラムから待機しておいて、終了とともに前列に押し寄せます。

若いアイドル系バンドのファンが前リストのオルタナバンドの最前列を占拠していて大ヒンシュク、みたいな迷惑行為がマジで起こるのもまるで夏フェスのようです。 

グラウンド広すぎて双眼鏡とサングラス・アウトドアハットは必須

立ち見エリアは当然位置が固定なので、広いグラウンドを駆け回る子供たちの姿を見届けるのは至難の技。さらにグラウンドは当然全エリア日向のカンカン照り。そこで双眼鏡やサングラスやつばの広い帽子(しかも風で飛ばされないやつ)は必須になります。

っつーかこれ、まんま夏フェスルックや。フジロックかよ。

テントエリアなし昼食エリア時間制限という厳しさ

最後に夏フェス以上にアクティブな点をご紹介。なんと、私の地域の小学校ではほとんどが全エリアテント禁止です。代わりに体育館が開放されますが、ここは基本は優先席。

さらに昼食用に開放される校内エリアは時間制なので競技中は入れません。日陰が少なすぎると思いませんか?これがもし夏フェスだったら熱中症者続出してイベント運営自体が危ぶまれますよ?

逆にテントOKの地域では、観覧席の後ろの方が一面テントエリアのような風景になるらしく、それこそ夏フェスそのものという話も聞きます。

f:id:kurataikutu:20160526151537j:plain

ママ友いないけど知り合い多すぎるからキツイ

運動会が夏フェスなだけでも身に堪えるというのに、さらに小学校には「ママ友」的な面倒な社交の場が存在します。

ママ友いないと自負する私ですが、知人の数は決して少なくありません。子供が3人いるというのは、知人のできる機会も3倍、いや裏ドラ2あってすぐ役満、そういうことなのです。(小学校の知人、保育園の知人、近所の知人、さらに保育園2カ所通ってるのでこれが裏ドラ!)

とにかく知人と立ち話する空気を回避するために「こんにちは(=さようなら)」を意味する独特な目線を作るのに暇がありません。

「こんにちは(=最近どうよ)」の目線をうまくかわすにはレベル99くらいのママレベルか「ステルス」呪文が必要です。(こういうことだからママ友いないんだね。)ヘタレの皆さんはボスママを倒して早くレベルを上げられた方が賢明ですね。(そのボスじゃないけどね)※「ステルス」ドラクエで自分がまるで見えないかのようにできる呪文

ママ友との立ち話を避ける目線のやり方

どこから知人と認定するか?時効はあるのか?

 さらに、運動会には全生徒の保護者が集まるというのも気苦労ポイントです。どこで知人に出くわすワナがあるか知れないうえに、どこまでを知人認定して挨拶したらいいか全くわかりません。

例えば5年前に一緒に役員やったけど学年も係も違かった佐藤さん、とか。どうしますか?挨拶しますか?

じゃあ4年ほど前まで親しげに話していたけど去年は挨拶しなかったような気が。。。な山田さんは?無視できますか?

 しかし立ち話がしたくないからと言って誰とも目を合わさないようにしていると、逆に「クラタさん!」と呼び止められる不意打ちを食らいます。(てきはいきなりおそいかかってきた!)そこで私の編み出した技としては

「とにかく目があった全員に道を譲る時みたいな軽い目配せ会釈をする、色んな人にしまくる」

という「数打ちゃ当たる作戦」です。(クラッタはトヘロスを唱えた)この会釈をすると不思議と誰も話しかけてきません。(トヘロス!)

※「トヘロス」はドラクエでザコキャラの遭遇率を減らす呪文

知人か微妙な人への会釈のやり方

 まとめと感想

そんなわけで無事に立ち話も2回に収めることができ、お目当てのプログラムでは最前列に食い込むことができ、ルーラ唱えて第三子(2歳児)は途中帰宅、ステルス唱えて日陰で体力温存、後半に派手なヒト間違いをして「かいしんのいちげき」くらったものの(クラッタはこんらんしている!)、HP2のまま無事に迷宮ダンジョンから生還することができました。(途中から夏フェスじゃなくてドラクエになってるね!!!)

 

今思えば小学校1年のデビュー時は運動会のアウェイ感に疲弊しまくりでしたが、まだあの孤立感の方がラクでした。ザコキャラにしか会わないスタートフィールドという感じ。でも今は敵との遭遇率が異様に高い迷宮ダンジョンって感じ。作戦は「いのちだいじに」あと「ルーラ」「トヘロス」「ステルス」「リレミト」は必須。

※「いのちだいじに」ドラクエで戦闘を自動設定する際の作戦。HP消耗をとにかく避ける戦い方「ルーラ」行ったことのある場所にワープできる呪文「リレミト」迷宮ダンジョンで入口にワープできる呪文・・・どーでもえーわい!